口臭を予防

口臭を予防するためのケア方法

口臭は自分では気づきにくいものの、他人からすればすぐに気づくようなものなので、知らないうちに他人に悪い印象を与えることがあります。そのような口臭を予防するためのケア方法としてはどのようなものがあるのでしょうか。口臭は口の中に残っている食べかすなどが原因として発生することが多いため、食事中にはよく噛んで食べるようにして、口の中に食べかすが残らないようにしましょう。特に舌に残りやすいといわれているため、歯磨きをするときには舌もしっかりと磨くことが重要です。また、睡眠中は唾液が分泌されず、睡眠中や起床直後には口の中で最近が創りだす毒素が多くなってしまうため、就寝前と起床後にはすぐに歯を磨くなどして、口臭の原因になる細菌が繁殖するのを防ぐのが重要と言われています。また、日中は定期的に水分補給をするのも重要です。水分が不足して口の中が乾くとニオイに繋がるためです。摂取する水分は、できる限り砂糖や炭酸などを含まないものを選ぶようにしてください。また、口呼吸をする癖があると、それによって口内が乾燥してニオイに繋がりやすいので、できるかぎり鼻呼吸をするようにしましょう。

 

口臭予防